女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

女をイカせてみたい!という男のためのセックステクニック「アナルの攻め方」。
女が感じるアナル攻めとは?初心者からベテランまで、本当に女性が喜ぶテクニックを解説しています。

女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

女が喜ぶセックステクニック「アナル」の攻め方の記事一覧・過去ログです。
気になる記事を見つけたらクリックして下さい。

アナルセックスまでの順番/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

アナル攻めの究極はもちろん、自分のペニスを入れること。つまりアナルセックスですよね。

膣でも同じことが言えるのですが、いきなりそこを触ったり突っ込んだりしても、女性は全くといっていいほど気持ちよくありません。その上アナルは膣よりもアブノーマルでデリケートな場所。アナルセックスをするときは、膣以上に心と体の準備が必要です。

アナルセックスで感じさせるには、まず膣をトロトロにします。膣やそこから溢れる愛液の状態で、女性が感じているのかまだ感じ足りないのかが分かるからです。

膣がトロトロにすらなっていないのに、アナルで感じるなんて到底無理です。つまりアナルセックスは通常の膣のセックスが十分に上手くいって、初めて挑戦できるセックスなんですね。

アナルセックス前の通常のセックスでは、女性をイカせてもイカせなくてもどちらでも構いません。イカせたほうが体が敏感になるという話もありますが、イッていなくても体が感じきっていれば十分アナルでも反応してくれます。

膣が感じてこそのアナルなので、同じ指を入れる・舐めるなどの愛撫でも、膣とは別のタイミングで行うことが大切です。女性の気分的にも、気持ちよすぎて判断がつきにくくなっているときに愛撫されたほうが恥ずかしさが軽減します。

エッチな気分になりたい・・・そんな夜は。

男性も女性も、忙しくて現実逃避したくなる夜がある。遊びや飲みに出かけるのはお金が掛かるし、マンガやゲームもすぐ飽きる。そんなときには、ちょっとエッチな官能小説サイトはいかがですか?

▼気が付いたらハマってる・・・そんな官能小説が盛りたくさん▼

大人のケータイ官能小説

最初は挿入することを考えない/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

前回の記事で女はアナルに抵抗があると述べましたが、具体的に何をどう思って抵抗があるのかというと、精神的には「恥ずかしい」「汚い」、物理的には「痛そう」「拡がったら嫌だ」という恐怖に似たものを感じてそれが抵抗になっています。

一般的に男がアナルを攻めるのは最終的に挿入してみたいという好奇心からですよね。それが女性にとっては、アナル=挿入=嫌だと感じて、挿入じゃなくてもアナルを触られるだけでイヤ!と抵抗感が出てしまうのです。

アナルの表面を触っただけで嫌がられていては挿入なんて無理。だからまずは挿入したい思いは一旦置いといて、軽く触るだけの段階から始めましょう。

最初はそれでも女性は恥ずかしいと思いますが、触られるだけなら別に害はないしとだんだん普通になってきます。それを繰り返した後ようやく指を少し入れることに挑戦できるのです。

女が喜ぶ知識を増やそう!

エッチのプロ・風俗嬢も参加するQ&Aサイトはこちら!同じ悩みや疑問を持つ同志と語り合ったり、風俗嬢から女子の本音を聞いたりしてみよう。

風俗Q&Aドットコムを覗いてみよう! 風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

愛撫テク?それならデリヘルだ!

愛撫テクを少しでもUPしたいなら、自分のセックステクに自信を付けたいならとりあえず実践!初心者でも安心のデリヘルで優しく手ほどきされてみない?

とりあえずデリヘルの女の子見てみる? デリヘル情報 デリヘル1分間!

女はアナルに抵抗がある/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

アナルはお尻の穴、これは知っている女性もいると思います。でも言葉として知っているだけで、自分のアナルでどうこう…と考える人は極まれ。普通のセックスでも恥ずかしいことがたくさんあるのに、お尻の穴なんて見てもらいたくないでしょう。

しかし、男の前で裸になることもクンニされることも、慣れてしまえば半ば当たり前のことです。アナルは特殊なのでこれらと同じレベルではないと思いますが、一度体験させることができれば女のアナル開発も夢ではありません。

きっと「アナル攻めさせて」と言ったところで「はい」という返事がくるのは遠い先の話。アナル攻め=男の願望ということもあり、開発する前は決して女が喜ぶプレイではありません。女心を踏まえて、丁寧に上手にお願いしてみましょう。

アナルを攻める前の準備/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

アナルは本来排泄の器官。出す器官にあえて”入れる”行為をするため、アナルセックスはセックス界の「嗜好品」と言えます。極端にいえば膣は濡れたらすぐに指やペニスが入れられますが、アナルはその何倍もの手間を掛けた準備をしなければなりません。

まず真っ先に思い浮かぶことは、アレが付かないのか?という心配。事前に浣腸することがアナル攻めの基本になっていますから、浣腸をすれば問題解決です。

ぬるま湯100ml程度をポンプで入れ、アナルから出てくるものが透明の液になれば第一関門突破。今度は膣と同じように、ローションをたっぷりアナルに塗りましょう。アナルは自ら濡れてくれないので、ローションが必須アイテムとなります。

アナルの性感帯はここ/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

アナルセックスを気持ちいいと感じる女性も多いようですが、具体的にアナルのどこで気持ちいいと感じているのでしょうか?それによって攻め方が変わるので、知識を身に付けておきたいものです。

さて、膣にGスポットやポルチオなどの性感帯・ツボがあるように、アナルにも性感帯があるのでしょうか。実は、アナル内の性感帯は詳しく分かっていません。ただ、感覚でいえばトイレの大を出すときや我慢しているとき、座薬を入れるときに似ていると思います。そう考えると、入り口付近が最も敏感で感じやすい場所なのではないでしょうか。

膣以上に鈍感で不明な点がたくさんあるアナル。いつも以上に女性の反応を見ながらゆっくり開発してあげましょう。

まず指でアナルをほぐす/女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

自分のアナルを考えると分かると思いますが、突然ペニスほどの太さのものを突っ込むつわものはいないでしょう。膣は”入れる”ことに対応している器官ですが、アナルは”出す”専用。しかも出した後はキュッと締めないといけませんから、どこよりも筋肉が発達しています。

なのでいきなり攻めるのではなく、細い指でアナル周辺〜アナル内部まで丁寧にほぐしていく必要があります。アナルをほぐすコツは、リラックスとローション。緊張していると筋肉が強張って入れにくいので、まずリラックスしてもらうことを心がけます。そしてアナルの入り口と指にローションをつけて表面に馴染ませたあと、アナルの壁にローションを付けながら奥へ進むようにしてゆっくり入れていきます。

このとき入りそうでも一気に入れてはいけません。何度か、場合によっては日をまたいで何日もかけてほぐしていく。女性が怖いと感じないように攻めていくことが、アナルセックスが上手くいくコツです。

ナンパテクニックで女心を揺さぶる