女が喜ぶセックス「アナル」の攻め方

皆様からお送り頂いたセックスにまつわる体験談をご紹介します!是非参考にしてみてください。

皆のセックス体験談-5-

激エロ女とアイテム使用のセックス/体験談25

[H.N]断崖絶壁ダイ

オナホールはTENGAこそ天上天下唯我独尊と、アダルトグッズ開発者に崇拝を忘れる日がないマニアな僕。
聞けば、自粛の増える近年ではグッズ販売店に女性の来客も多いと、マスコミも触れているではありませんか。
ならば、いつまでもシャドーボクシングをしていられないと危機感を覚えた僕に、求愛活動以外の選択肢はありません。
グッズ愛好家が集う掲示板型サイトを見つけ、後退のネジを外した状態でアタックはスタート。
アタック・オン・タイタンがごとく進撃メッセージを続け、癖が合致する女性と5ヶ月目に出会えました。
彼女はペニスの2倍程度のサイズ、ラブホの一角に備え付けのあるような、巨大バイブで慰める毎日を送っていた様子。
僕は、そんな境遇からは一刻も早くレスキューしなくてはならないと断固たる決意。
バイブ攻めはエクスタシーの限界突破をした模様で、僕も燃え盛り「実はキュウリも挿れているんだろう?白状しろ!」と暴走し、ネジが10本も外れてしまいました。
ですが、Sの自分とMの彼女が合わないわけがなく、次回のセックスデーも早々に決まったのです。

再婚願望が吹き出る、床上手女/体験談24

[H.N]平タイルさん3000万

前妻と離婚して早3年、52を迎えた俺はバツが2つも付いた体たらく。
休みの日はパチンコ・スロットに時間を注ぎ、家庭を省みない愚か者だったので叩きつけられた離婚届も押印せざるを得なかった。
3年も過ぎ、負けが続いた頃自然と遊戯場に行く機会が減り、断絶を決意する。
すると余暇には美容室、ブランド店など県内全域を範ちゅうに、他所へ向かうシーンが増え出会いも訪れた。
きっかけは定期的に来店していた、紳士服売り場担当の女性だ。
スロット台に並ぶ常連に男も女も関係なく話しかけるような性格なので、周囲の同年代に凄いと言われるも、不思議なことではない。
瞬く間に恋に落ちた俺たちだが、飽き性だった自分に一抹の不安はある。
しかし、夕陽を望めるラブホテルでセックスをした際、テクニックに惚れ惚れとし、興奮ゆえがさつに熟れた肉体へむさぼり付いてしまった。
後に1ヶ月間の土日で、合計20回以上もセックスに興じて感じたことは、床上手かつ熟女の多大なる魅力である。
ギャンブルに完全なる別れを告げた俺は、彼女と本格的にネクストライフを謳歌したくなった。

このホテルはデリヘル呼べる?呼べない?

出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる?

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

成人で童貞という焦りの境地!懇願成就の日/体験談23

[H.N]飛鳥ワッショイ

晴れて成人になった自分にとってハッピー気分なんてゼロでした。
だって、イケメングループはみんな笑顔で、童貞は卒業済みだろうなあと心のなかで舌打ちしてばっかり。
成人済みで童貞の僕は焦りから、どうすればいいかを毎日考えていました。
こうなりゃもう、恥ずかしいけど風俗で捨ててしまおうと、プライドを捨ててソープへ突入。
おじさんが待合室にたくさん居たらヤだなあと思っていたけど、嬉しいことに誰もいなくて超ラッキー。
どうしても同じ二十歳にこだわりたかったので同年齢の子を選びましたが、短髪が似合う美少女でした。
マットプレイっていうやつがもう、ガチガチになるほど緊張とドキドキの連続。
「実は俺…完全童貞なんです」って言ったとき「そんな事気にしないで、今じゃ珍しくないよ」とフォローしてくれたのが嬉しかった!
そうして、やっと童貞を捨てることができましたよ。

他部署の子とハラハラ、イケナイ背徳感/体験談22

[H.N]異珍の秘剣ほぐれ玉

今の会社に長く勤めていますが、本年ようやく主任から係長へと昇格できました。
役職が上がったことが要因かと思えるほど、社内では女子社員から声が掛かる機会も増えたように感じる日々です。
特に他部署で庶務課、29歳Aさんのアピールが顕著。
妻子持ちにもかかわらず、彼女と遊びたい思いは募るばかりです。
ある日電子部品のパンフレットを得意先へ持参する際、Aさんを乗せていくことに。
「係長が主任の時から気になっていたんです」と車内で手を握られてしまい、思いは爆発。
会社は、秋田駅近郊のエリアにつき、雄物川より南下した安全な地点を秘密の待ち合わせ場所とし、ホテルでの禁断背徳プレイが始まります。
毎週家を留守にすると妻が怪しむため、月に1度の密会としていますがスリリングなセックスはたまりません。
彼女は彼氏持ちかつ遠距離恋愛のため「結婚しない限りこのまま関係を続けたいです」と言い、まんざらでもないため私も維持して行きたい心情です。

彼女は好き者?やや不安な僕です/体験談21

[H.N]スペーストーネード小沢

百貨店内の紳士服売り場に勤務する僕は、同エリアでの出会いがあり楽しい日々を送れるようになりました。
お客様との出会いは生真面目な百貨店なのでありませんが、商業ビル内ならば話は別です。
上層のフロアの書店に週刊雑誌を毎週買いに行く僕は、おとなしめでも会計時の笑顔に癒やされるレジ係さんが気になっていました。
また、バックヤードという業者・従業員のみ行き来できるエリアがあるのですが、休憩所で何度か一緒になったときに思い切って話しかけてみました。
声掛けは成功、彼氏もいなくて付き合うまでトントン拍子で、まさに幸運の到来。
お互い遅番で20時に全館閉店するときは、帰りに飲みに行ったり、ホテルに向かったり、仕事後のセックスは最高でした。
物静かな書店勤務で静かなイメージがあったのに、セックスは突けば突くほど大きくなる喘ぎ声が熱情的!
ただ、意外と好き者の彼女は僕の声掛けに軽く乗ってきたので、奪われてしまわないかやや不安も同居する毎日です…。