座位での挿入・腰の振り方

女をイカせてみたい!という男のためのセックステクニック「騎乗位編」。
女が感じる座位での挿入・腰の振り方とは?初心者からベテランまで、本当に女性が喜ぶテクニックを解説しています。

座位での挿入・腰の振り方

女が喜ぶセックステクニック「座位での挿入・腰の振り方」の記事一覧・過去ログです。気になる記事を見つけたらクリックして下さいね!

座位ってどんな体位?/座位での挿入・腰の振り方

座るに体位の位と書く「座位」は、座った状態の男性に女性が腰を下ろしながらペニスを挿入する体位です。座位の種類によって異なりますが、腰を振るときは下から上へ突く、もしくは前面に腰を突き出すように突くの2パターンが基本です。

女性の体重で奥まで挿入されるため、ピストン運動したときにより深いPスポット部分まで刺激できるのが特徴。ペニスサイズによっては痛みが走りやすい体位でもあるので力加減に注意が必要です。

座位はお互いに顔を見合わる対面座位と、女性が男性に背を向けて腰を下ろす後座位があり、それぞれに少しずつやり方が異なるアレンジ座位がいくつかある感じです。

対面座位で最も行いやすいのは、ベッドの上で男性が膝を立てて股を広げて座り、女性が上から乗ってくる方法。男性が正座をしたり足を前に伸ばしたまま行う方法もありますが、正座や足が伸びた状態では下から上へ突くのが非常に難しいです。

膝を曲げていれば、両足と後ろで体重を支えている両手で結合部分である腰をグッと上に跳ねさせることができ、上下運動がスムーズに繰り返せます。

座位での挿入はどうする?/座位での挿入・腰の振り方

座位での挿入は、男性がベッドやソファなどに座って女性を招くところから始まります。他の体位と違い座位は女性から来てもらわないといけないので、座った後「おいで」と声を掛けたり手を優しく引き寄せたりして誘導します。

対面座位でも後座位でも、座位には決まりがありません。適当に座っていても女性が上から乗ってくれば、それだけで立派な座位になります。

ただイスやソファでの座位は、ベッドほどの反発性がないので、男性が普通に座っている状態だと腰を突き上げにくいのがデメリット。どちらかといえば女性側が動きやすい座位、または女性側の協力が必要な座位と言えます。

なので一般的には、男性が動きやすいベッド上で、跳ねるように動くのがいいでしょう。

女性が乗ろうと近づいてきたら、腰の下のお尻の丸みが始まる部分に両手を当て、自分のほうへと引き寄せます。ペニスの先端がしっかり膣口に触れているか、入りそうかどうかは女性が「もう少し前」と教えてくれたり自ら調整してくれます。

少しずつお尻を持つ手に力を入れ、女性の腰を下へと押します。一気に入れるのではなく、二歩進んで一歩下がる感覚で、亀頭、カリ、ペニスの先端、中間、根元とゆっくりペースで挿入します。

全てを入れ終えたら、しばらく膣がペニスになじむまで抱きしめ合ったりイチャイチャしたりして過ごします。

愛撫テク?それならデリヘルだ!

愛撫テクを少しでもUPしたいなら、自分のセックステクに自信を付けたいならとりあえず実践!初心者でも安心のデリヘルで優しく手ほどきされてみない?

とりあえずデリヘルの女の子見てみる? デリヘル情報 デリヘル1分間!

座位での上手な腰の振り方/座位での挿入・腰の振り方

上でも述べたように、座位で上手に腰を動かそうと思ったら、ベッドの反発(跳ね返り)を利用するのが一番です。挿入後は女性の腰を両手で支え、それを上下に振るようなイメージで女性の体を動かします。

もちろんそれだけでは手が疲れてしまうので、女性の体が上から下に落ちるときにタイミングよく両足を踏ん張って自分の腰を上へ突き出します

それでも座位は他の体位と比べてかなり動きづらく、連続して長い時間腰を振るには体力と筋力が必要。足腰を筋トレで鍛えてもいいですが、疲れやすいのには変わりないので、メイン体位にはせず正常位の後騎乗位に体位を変換するときの繋ぎとして使うのがベストです。

それか、完全に女性を自分の上に乗せるのではなく、少しずらして女性のお尻をベッドに置いて行う対面前座位だと非常に楽に行えます。女性の体が前に移動するので、上下ではなく前後、正確には斜め上あたりに向かって腰を振ることになります。

背中の後ろで体を支えている両腕の力を利用して、少し腰を浮かすような気持ちで腰を前後に動かします。対面だけでなく後座位でも、完全に女性を上に乗せるのではなく、後背位(バック)のように少し前に傾いてもらうと前後に腰が振れます。

このように「斜めにする座位」は、男性側も楽ですしピストンが行いやすい分女性も気持ちよさがUPします。

今夜のオカズはもう決まってる?